出荷は3月〜7月頃!藪塚こだま西瓜の販売場所・実食した感想を紹介するよ!【太田市の特産品を味わう】

こんにちは。
散歩人の沙希です。

今回は太田市の特産品である「藪塚こだま西瓜」について紹介します!

藪塚こだま西瓜



太田市藪塚地区を中心に栽培される「藪塚こだま西瓜」直径20cm程の小さなスイカで、大玉スイカに比べ、皮が薄く甘みが強いのが特徴です。
出荷は3月〜7月頃。冷蔵庫で丸ごと保存が可能であり、贈答品にも最適です。2019年3月には安倍首相に贈り、話題となりました。

販売場所は?イオン太田店や直売所で販売

藪塚こだま西瓜は、太田市のスーパーで幅広く販売されます。販売場所は、イオン太田店やとりせん、城西の社直売所など。値段は大体500円〜1280円。

通販(例:楽天)で購入も可能です。

おいしい小玉スイカの見分け方は以下のポイントがあります。

・稿が太くつやが良いもの
・ツルがついている部分の輪が大きい
・花落ち(お尻)部分の輪が小さいもの
・手でたたいてみて「ボンボン」といい音がするもの

実際にやってみると、見分け方は難しいですね。
手でたたくと「ボンボン」なのか「ポンポン」なのか、微妙な違いが分からない…。
後2〜3年は、叩き続ける必要がありそうです。



贈答品にも最適!甘くて美味しい小玉スイカ


藪塚こだま西瓜(500円」

美味しく食べる為に、1時間程冷蔵庫で冷やしています。冷やしすぎても、食感や味が悪くなるので、1時間くらいがベスト。さっそく切ってみましょう。


中の種は少なく、皮が薄いですね。小玉スイカは種の量も半分程度なんだとか。食べてみると、ジューシーで甘い!締まった果肉は瑞々しく、美味しい…。皮も薄いので正味量も多く、食べやすいです。

太田市の特産品「藪塚こだま西瓜」を食べてみませんか。

最新情報をチェックしよう!