見頃は9月中旬から下旬!彼岸花の名所で知られる太田市の「常楽寺」へ行ってみた

こんにちは。
散歩人の沙希です。

9月半ぱのお彼岸頃に道端で鮮やかに咲き誇る「彼岸花」美しく咲くその姿に目を奪われる方も多いと思います。常楽寺では秋になると、参道から境内までを美しい彼岸花の群落が紅で埋めつくします。

今回は彼岸花の名所で知られる「常楽寺」について紹介します!

♦常楽寺

山門
常楽寺は群馬県太田市にあるお寺であり、正式には「紫雲山阿弥陀院常楽寺(しうんざん あみだいん じょうらくじ)」東国花の寺と知られ、特に秋の「彼岸花」は境内一面に咲き誇り、毎年来場者の目を楽しませています。

彼岸花の見頃は?
開花状況は公式HPで確認しよう

常楽寺の彼岸花の見頃は、例年9月中旬から下旬頃とされています。彼岸花の開花状況については常楽寺の公式HPで確認できます。



彼岸花×お寺のコラボ!
境内に咲き乱れる『紅』が美しい

写真撮影日:2019年10月1日 16:30頃
境内は彼岸花の「紅」で埋めつくされています。
今回は境内の様子を撮影してきました
彼岸花とお寺のコラボをどうぞご覧ください!

境内の様子

本殿


心池





太子堂



古代はす池

地蔵と彼岸花
境内の一面は彼岸花で埋めつくされ、非常に綺麗でした。フォトジェニックな写真が撮れるので、歩き回りながら、彼岸花の撮影をするのも楽しいと思います!

今が見頃の彼岸花、ぜひ見に行ってみてください♪

常楽寺
住所:〒373-0044 群馬県太田市上田島町372−2
電話番号:0276-31-0001
常楽寺公式HP